これで解決!ブレイクダンスに最適な服装とは

スポンサーリンク

こんにちは!
クロスケです。

ブレイクダンスをする上で結構悩むのが、どういった服装で練習すればいいのかということ。
ストリートダンスはストリートカルチャーなので、バスケやサッカー、野球のように専用のコーナーやアイテムがあるわけではありません。
また、ユニフォームや制服といった明確なものがるわけでもありません。

では、どんな服装で練習するのがいいのでしょうか?

この記事ではブレイクダンスに最適な服装をポイントをふまえて解説していきます。

ブレイクダンスに最適な服装とは

ブレイクダンスはストリートカルチャーなので明確な答えはありませんが、多くのブレイクダンサーを見て、一緒に練習してきた、現役ブレイクダンサーとしての視点で答えていきたいと思います。

ブレイクダンスに最適な服装その1:帽子について

ブレイクダンスでは頭部を使うことが結構多いので帽子は必須です。
慣れてくるとある程度自分の思い通りに体を動かせるようになりケガをする可能性も低くなってくるので帽子がなくても大丈夫になりますが、初心者のころは帽子をかぶって練習しておいた方が無難です。

ツバなどの余計な装飾がついていなくて保護性の高いニット帽がおすすめで、Bug(Battle Under Ground)というブレイクダンサー御用達のブランドからは頭頂部にメッシュのついたヘッドスピン練習用のニット帽も発売されています。

ニット帽に関してはこちらの『』の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ブレイクダンスに最適な服装その2:上の服装について

ブレイクダンスを始めたばかりのころは色々なところをぶつけたり擦ったりするので、上の服装は長袖がおすすめです。
ただ、半袖でも全然問題はありません。
エルボーパッドをつけて練習するときなどは逆に半袖の方がいいかもしれません。

ブレイクダンスに最適な服装その3:下の服装について

下は長ズボンをおすすめします。
上と同じくケガ防止の意味が強いですが、長ズボンの方がフットワークが綺麗に見えるといったメリットもあります。

ただジーンズはやめておいた方がいいかと思います。
重くて伸縮性がないため動きにくいので、無意識のうちに動きが小さくなってしまいます。
一旦その形を体が覚えてしまうと修正が大変になってしまうので、最初から伸縮性のあるジャージなどで練習するようにしましょう。

ブレイクダンスに最適な服装その4:靴について

ブレイクダンスを練習するのに最適なのはスニーカーやバッシュなどのスポーツシューズです。
特にバンズなどのスケーター御用達ブランドのスニーカーは耐久性が高く動きやすいのでおすすめです。
間違ってもランニングシューズやブーツなどは選ばないようにしましょう。

ブレイクダンスの練習に最適な靴に関しては、こちらの『』の記事でもっと詳しく解説しているので気になるかたはチェックしてみてください。

まとめ

ブレイクダンスを練習するときに最適な服装について詳しく解説してきました。

練習してある程度慣れてくるとどんな服装でも問題なく踊れるようになってくるので、あまり服装を気にしないでもいいようになりますが、体が慣れていない初心者のころは動きやすさを重視して服を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク