NBAの放送を視聴する方法を詳しく解説!おすすめの方法も

スポンサーリンク

今年ももう少しするとシーズン開幕の季節ですね。

クリス・ポールにポール・ジョージ、ジミー・バトラーなど大型のトレードがバンバン決まり、一気に勢力図が塗り替わりました。

さらにカイリー・アービングも移籍するかも!?って話も出てるので、ますます目が離せません!

で、シーズンに入る前にNBAの放送を視聴する環境をできるだけ整えておきたいわけですが、日本でNBAの放送を視聴するにはどういった方法があるか知っていますか?

視聴にかかる費用はもちろん、ファンとしては試合数なんかも気になりますよね?

あとはテレビ以外の端末でも見れるのかどうかなどなど。

そこでこの記事ではNBAの放送を視聴する方法について徹底的にまとめて紹介しています。

それぞれの方法の詳細の紹介はもちろん、メリットやデメリット、更には全ての方法を試した専門家(笑)の僕がオススメする視聴方法も紹介しています。

今年もNBAライフを充実したい方は必見ですよ!

テレビでNBAの放送を視聴したい場合

自宅にあるテレビでNBAの放送を視聴する場合、

・BS

・フジテレビNEXT

・WOWOW

といった3つの方法があります。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

BS

BSの魅力はなんといっても『無料』というところでしょう。

NBAは民法で放送されることはほばありません。

なので、無料で見る方法はBSぐらいになりますね。

ですが、試合数がかなり少ないです。

NBAファイナルなんかは結構放送してくれるのですが、シーズン中の放送は2週間に1試合程度です。

無料で見れるのは嬉しいのですが、NBAライフを充実させるのにはちょっと物足りないと言えますね。

費用:無料(アンテナがない場合はアンテナの購入が必要)

放送試合数:2週間に1試合程度

フジテレビNEXT

スカパー経由で加入することができるフジテレビの有料チャンネル、『フジテレビNEXT』。

このフジテレビNEXTでもNBAの放送を視聴することができます。

フジテレビNEXTは放送される試合の数自体は多いんですが、同じ試合が複数回放送されたりするというデメリットがあります。

週に3、4試合放送されるけど、全て同じ試合というような形ですね。

また、スカパーの契約も必要になってくるので、『NBA以外は必要ない』という方には向いていないかもしれませんね。

逆にすでにスカパーを契約していて、NBAの放送以外も視聴したいというのであればスカパーもアリなのではないでしょうか。

費用:月々2,000円程度

放送試合数:週に3、4試合(同じ試合を再放送)

WOWOW

有料放送のWOWOWでもNBAの放送を視聴することができます。
WOWOWは昔からNBAの放送に力を入れているサービスだけあって、かなり充実しています。

まず試合数ですが、毎週5試合ずつを生放送で放送してくれます。

もちろん同じ試合ではなく、全て異なる試合です。

そして、全試合ではありませんが、一週間の内に放送される5試合のうち2,3試合をオンデマンドサービスで見逃し配信してくれます。

これはWOWOWの加入者が無料で利用できるものなので、追加料金などは発生しません。

また、時々昔の名試合の再放送があったり、日本では放送されていないようなドキュメンタリーが放送されたりとNBA好きにはたまらないコンテンツが数多く配信されています。

費用:月々2,480円

放送試合数:週に5試合(生中継)

※見逃し配信あり

パソコンやスマホでNBAの放送を視聴したい場合

NBAの放送はパソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスでも視聴することが可能です。

パソコンやスマホでNBAの放送を視聴する方法としては、

・DAZN

・NBAリーグパス

という2つの方法があります。

それぞれの方法について見ていきましょう。

DAZN

ドイツの会社が運営するストリーミングサービスがいよいよ日本でも始まりましたたね。

DAZN(ダゾーン)はスポーツに特化した動画のストリーミングサービスで、NBAの放送も視聴することができます。

DAZNはレギューラーシーズンの試合を140試合放送しています。

それにあわせて、プレイオフやオールスターゲームなども見ることができます。

プレイオフやオールスターゲームを見れるのは嬉しいですが、レギュラーシーズンの試合が140試合だけというのはちょっと物足りない気がしますね。

贔屓のチームの試合があまり放送されなかったら寂しいですし。

費用:月々1,750円

放送試合数:週に1、2試合

NBAリーグパス

最後に紹介するのがNBAリーグパスです。

NBAリーグパスはNBAに特化したストリーミングサービスで、NBAの試合を思いっきり楽しむことができます。

NBAリーグパスは月額2,690円でNBAの全てのゲームを視聴することができます。

他の方法よりも若干高くなってしまいますが、コンテンツの充実度的にはNo.1と言っていいでしょう。

ただ一つ難点として、『日本語の放送がない』というものがあげられます。

実況や解説など日本語を日本語で聞きたいという方には向いていません。

逆に言語は何でも気にしないというのであればNBAリーグパスはオススメです。

NBAの放送を視聴するのにオススメの方法は?

NBAの放送を視聴する方法について詳しく解説してきました。

今回紹介した中で僕が実際に利用しているのは『WOWOW』です。

僕は日本語の実況と解説を聞きたい人なので、WOWOWで視聴しています。

また、試合以外のコンテンツが充実しているのも僕がWOWOWでNBAを視聴している理由の一つです。

日本語でNBAを思いっきり楽しみたいというのであればWOWOWがオススメですよ。

スポンサーリンク