SSENSEの関税はいくら?詳しく解説してみました

スポンサーリンク

日本語対応がしっかりとされていて、日本への発送も行っている海外通販サイトSSENSE。

海外ブランド品は海外通販で購入した方が安いのは知っているけど英語が苦手で今まで利用していなかったという方からも、安心して利用できると評判の海外通販サイトです。

ですが、海外通販を利用する際に大きな壁になってくるものが英語以外にもう1つあります。

それが関税です。

関税は海外からの輸入品にかかってくる税金ですが、品物や素材によって細かく分類されていて一般の人が完璧に把握することは難しいもの。

特に革製品は関税率が高いので、関税がかかって結局日本で購入するより高くついてしまったということも珍しくはありません。

では、SSENSEで買い物をするときの関税はどうなっているのでしょうか?

SSENSEで買い物したら関税はどうなるの?

と、散々あおってきてしまいましたが、SSENSEで買い物をする方は関税の心配をする必要はありません。

『何じゃそらっ!』って思う人もいるかもしれませんが、全ての海外通販サイトが関税がかからないわけではないので一応知っておいてほしくて話させてもらいました。
すみません(笑)

厳密にいうとSSENSEでの買い物に関税がかからないわけではなく、予め商品代金に関税や消費税が含まれているといった感じです。

なので、SSENSEで買い物をするときは商品代金と送料以外が発生することはないわけですね。

他の海外通販サイトで買い物した場合、商品が届くまで関税がかかるかどうかがわからないですし、いくらかかるかもわかりません。
そのため商品が届くまでビクビクしながら待つことになってしまいます(笑)

関税は本当にややこしくて、ある程度は予想できるものの、予想したよりも高くて散財してしまうことは本当に多いです。

関税の額に納得がいかない場合一応異議申し立てをできるのですが、手間もかかりますし、必ず通るわけではないので、大人しく支払うことがほとんどです。

特に海外通販を利用したことのない初心者の方はこの関税関連で一度は大失敗してしまうものなので、そういった失敗がなくなることを考えるとSSENSEは海外通販初心者でも利用しやすいサイトということになります。

というか、

  • 英語の心配もいらない
  • 関税も気にしなくていい

ということは、日本の通販サイトを利用するときと同じような感覚で海外通販サイトを利用できるということになるので、利用しない手はないということになります。

まとめ

関税の心配をせずに安心して利用できる海外通販サイトSSENSE。

海外通販を気軽に利用するためのサポートが充実していて、海外通販初心者の方でも安心して利用できるサイトです。

この機会に海外ブランド品を現地価格でおとくに手に入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク