【革靴の超定番】リーガルを買うならコレ!オススメの人気モデル10選

歴史ある老舗革靴メーカーブランド「リーガル(regal)」

誕生してから50年以上経過し、根強い人気を得ているリーガルには「グッドイヤーウエルト製法(アウトソールの交換がしやすい上に履き心地の良い製法)」「9割以上が国内生産というこだわり」「高品質な革」「ニーズに合わせた多機能性」等々、様々な背景を理由にここまでの地位を得てきました。

それでいて、極端に高くないお手頃な革靴ブランドということもあり、さらに愛用者も増加し、「国内の革靴メーカーと言ったらリーガル」と言わんばかりまで人気を博しています。

人気のもう一つの理由として、リーガルには幅広いデザインが存在します。その中でも、特に人気の高いオススメのメンズ革靴モデルを特徴とともに紹介していきたいと思います。

リーガル「2504」NA
プレーントゥ・ビジネスシューズ


画像引用:amazon

「2504」と言えば、リーガルの革靴の中でも名作中の名作で一番人気のオススメモデル商品。

ビシネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く対応できるプレーントゥ(装飾が一切無いデザイン)と、ボリューム感のあるフォルムは、どの年代でも使うことのできる一足となっています。

銀面(グレイン)が美しく、革のキメや細かさもしっかりとしており、それでいて革本来の素材も高品質な為、上品さが光る革靴となっています。

リーガル メンズ ビジネスシューズ
「11KR」


画像引用:amazon

「グッドイヤーウエルト製法」ではなく「セミマッケイ製法(足のなじみがしやすい製法)」を取り入れた、歩きやすさに重点を置いた製法を行った革靴。

また、3Eまであるワイズ(足幅)は、幅のある人でもゆったりと履くことができるのもポイントです。

さらに、ライニング(靴の裏側部分の革)部分に「クールマックス」を採用し、足のムレの減少を図り、快適に履けるのも魅力的です。

これ程までの多機能っぷりでありながらも、使い勝手抜群なストレートチップ(つま先部分にストレートな革の切り替えしを入れたデザイン)のデザインなので、フォーマル・ビジネス問わず、あらゆるシーンで活躍できる優れもの。

革靴初めましての方からそうでない方まで対応できる、オールラウンダーな人気の一足となっています。

リーガル メンズ ローファー
「2177」


画像引用:amazon

リーガルの中でも歴史ある人気のローファー「2177」モデル。

ガラス張り革(ガラス革・ガラスレザー)を施した加工は、革の表面が綺麗で上品に見え、耐久性と水に強いのが特徴的です。

その為、従来の革靴に比べて品位さとタフさを兼ね備えた革靴となっています。

堅い分だけ、最初の足入れ時に窮屈感を感じるかと思いますが、その分だけ馴染んだ時にフィット感が強いのもポイントとなっています。

また、デザインは非常にシンプルなので、デニムやチノパン等といったカジュアルシーンからビジネスシーンまで、様々な用途で使えるオススメ一足となっています。

リーガル メンズ ビジネスシューズ ウィングタッセル
「JE03AH」


画像引用:amazon

タッセルローファー(房が付いたローファー)にウィングチップ(翼を広げたような形にメダリオンと呼ばれる穴飾りを施したデザインで、別名フルブローグ)を施した、ラグジュアリーな一足。

その分だけフォーマルシーンには不向きではあるが、パーティー使用やビジネスカジュアルで活躍することができます。

3Eのワイズになっており、足幅の広い人でも快適に履けるのが特徴的です。

普通のタッセルローファーではつまらない人には、是非ともオススメしたいデザイン性に富んだ革靴ですよ。

リーガル ビジネスシューズ
「10KRBD」


画像引用:amazon

「2504」と同様のプレーントゥですが、違いは「セミマッケイ製法」「クールマックス」「3Eのワイズ」を採用したモデルの革靴。

つまりは、「11KR」の機能と「2504」のデザインを合わせたモデルが「10KRBD」という一足になっています。

「2504」のようなデザインで快適さと履きやすさを追求したい方はオススメですよ。

リーガル メンズ ビジネスシューズ ウィングチップ
「2585N」


画像引用:amazon

リーガルの30年以上続く定番商品「2585N」。

ウィングチップのラグジュアリーな装飾に、凸凹の「型押し(エンボスレザー)」を施すことによりカジュアルさをプラスした革靴となっています。

その為、ビジネスシーンは勿論のこと、カジュアルな場面やトラッドな場面でも使えるのが特徴的となっています。

ウィングチップではラグジュアリー過ぎて困るという方には、オススメの一足です。

リーガル ビジネスシューズ
「727RAL」


画像引用:amazon

「Uチップ(別名オックスフォード)」と呼ばれる、シルエットに丸みを帯びた、クラシックなデザインが特徴的な「727RAL」。

ガラス加工を施した上品な光沢感と、シャープに見えるラスト(木型)は、従来のUチップに比べてエレガントな装いを醸し出すことができます。

その為、従来のUチップにエレガント性を出したい場合はオススメの一足となっています。

クラシックでありながらもエレガントな為、年代問わず履いて頂きやすい革靴でしょう。

リーガル ビジネスシューズ
「JU16AG」


画像引用:amazon

従来のグッドイヤーウエルト製法とは異なり、「ステッチダウン製法(頑丈で気密性が高く、屈曲性が高い製法)を採用しているので、グッドイヤーウエルト製法よりも柔らかく履き心地が良いのが魅力となっています。

モンク(修道僧)が履いていた靴が原型となった「モンクストラップ(シングルモンク)」デザインが特徴的な「JU16AG」。

紐付きでない分だけ個性を出せる上に、全体的に丸みを帯びたシルエットにもなっているので、ビジネスシーンでの個性派としては勿論のこと、カジュアルシーンでも使える革靴です。

また、ガラス加工を施してあるので、従来のモンクストラップに比べてエレガントに履くことができます。

モンクストラップでもさらに差を付けたい方にはオススメの一足でしょう。

リーガル「05LR BH」ウィングチップ


画像引用:amazon

全体的にシャープなシルエットでラグジュアリーなウィングチップを装飾し、よりエレガントでラグジュアリーな人気の一足となっています。

また、ガラス加工を施し、さらに上品さが光る革靴に仕上がっております。

そんなデザイン面もさることながら、「ダイナイトソール(グリップ力が強くて雨の日でも滑りにくいソール)」と、半敷き(半分の中敷き)の下に「モールドソール(クッション性が良く歩きやすいソール)」を採用しており、機能面に関しても優れているのです。

見た目に似合わぬ優れた性能を持ち合わせた、魅力溢れる革靴となっています。

とは言え、極端に装飾が施されている訳ではないので、ビジネスシーンでも問題なく使用できるので、幅広い場面で活躍できるでしょう。

リーガル「57GR」レインブーツ サイドゴア


画像引用:amazon

「サイドゴアブーツ(トップラインの両サイドにゴアと呼ばれるゴムを装備した履きやすいブーツ)」に合成樹脂を施した、雨の日でも履ける機能面抜群の一足。

もちろんサイドゴアブーツなので、晴れの日でも履けるモデルです。

また、「セメンテッド製法(水の侵入に強く、大量生産が可能な製法)」を採用し、従来のリーガルシューズに比べて安価なのも魅力的です。

さらに、幅広いカラーラインナップは、ポップなカラーリングとデザインが特徴的で、カジュアルシーンでも活躍してくれます。

雨の日にガシガシ使える「57GR」は、リーガルシューズを数足持っている人ならもう一足目として揃えても良いでしょう。

リーガルの靴を通販で買う際の注意点

ネット通販で商品を購入する場合には信頼度の高いサイトで購入をするようにしましょう。信頼度の低いサイトで商品を購入をした場合、ニセモノをつかまされてしまうこともあります。

例えばリーガルの革靴を購入するのであれば、リーガルの公式通販サイトを利用するのが最も信頼度が高く安全であると言えます。

アマゾンや楽天も信頼度の高い通販サイトではありますが、ネット通販をする場合にはなるべく信頼度の高いサービスを利用するようにしましょう!